「岸和田ラボ」痛みやシビレを早期に根本改善!!

脳疲労、ストレス、自律神経の不調を撃退する専門家
からだにやさしいカイロプラクティックサロン

岸和田ラボ 辻よしたかです。

 

前回、アメリカでのカイロプラクティックの始まり
お話しさせていただきました。

では日本では、どうして知名度が低いのか?
どうしてこうも間違った伝わり方をしているのか?
についてお話しさせていただきます。

それは、そもそもちゃんとした試験もなけりゃ資格免許もない、
狭い狭い業界認定という無法地帯が招いた結果です。
先進国では珍しく、国が認可していない医業類似行為となります。

日本には大正時代くらいに伝わりました。
アメリカのパーマー大学で学ばれた先生が日本で始めたそうです。
当時は日本でも免許的なものはあったとか?なかったとか?

そうこうしている戦争が始まり敵国である
アメリカの医療ということで、うやむやに…

戦後も国家資格にと働きかけはあれど未だ変わらず
業界認定とういう井の中の蛙状態です。

狭い狭い業界認定…様々な協会、学校があり知識も技術もバラバラ。
期間の長さではありませんが、短時間の講習を受けて
免許皆伝のところもあれば、かたやアメリカの大学でしっかりと
学ばれた先生と…

基準なきところに発展もなく、
そんな何が正しいカイロプラクティックなのか?
間違ったカイロプラクティックか?

玉砕混合な状態なのです。

携わっている治療家が正しく理解していないものを、
それを受ける患者さんに正しく伝わることもあり得ません。

もしも初めて受けたものが
カイロプラクティックもどきで悪い印象を受けたならば、
その方にとってカイロプラクティックは最悪なものとなり、
また周りにもいい評判がたつわけがありません。

私自身もカイロプラクティックを受けたことが
あるとう患者さんに、どんなでしたか?と質問をするのですが、
まぁ本当のカイロプラクティックであったことが
一度もないと言ってもいいほどです。

日本で認識されているカイロプラクティック=整体。

これがまかり通っている常識に警鐘を鳴らします。
次回はカイロプラクティックと整体の違いについて
お話しさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

「岸和田ラボ」整体・整骨院で《医師や専門家が絶賛》 PAGETOP